> "" 出会いを大切に常に感謝の気持ちを忘れないオンズグループの新本社|オフィス通信

facebook twitter

このサイトをシェアする

interview 経営とオフィス

各企業がどのような経営戦略や人材戦略のもとに、オフィス移転を決めたのか?
代表者のインタビューでお届けします。

[ 株式会社オンズホールディングス ]
社長室 広報課 木賀田 愛子氏

                                                              

7月

25

2013

株式会社オンズホールディングス 様
出会いを大切に常に感謝の気持ちを忘れないオンズグループの新本社
日本の中心”霞が関にグループ会社を統合移転

オンズグループを統括する株式会社オンズホールディングス。オンズグループは同社のほか、マンション・戸建住宅のディベロップメント事業を手がける「株式会社オンズコンフィアンス」、高級賃貸マンションを中心に不動産の賃貸管理および仲介を行う「株式会社オンズリーヴェスト」、住宅販売会社の「株式会社オンズプラス」、設計監理業務を担当する「株式会社オンズデコ」、そして子育て支援・保育・シニア向けサービス・高齢者介護サービスなどの事業会社として新設された「アイアルオンズ株式会社」から成る企業体だ。創業10期目を迎えた2012年10月、同グループは千代田区霞が関の「大同生命霞が関ビル」へ本社を統合移転した。

 

「オンズグループでは一部の専門職を除いて、営業社員のほとんどが新卒採用です。初めて社会にでることに不安を感じている学生さんやそのご家族にとって、『霞が関に本社がある企業』ということは大きな安心感につながるのではないかと考えております」(同社社長室広報課・木賀田愛子氏)

新卒採用した社員たちに対して、同グループは独自の教育制度を設けてきめ細かい新人教育を行っている。OJTと称して未教育の新人をすぐ現場に放り出すような企業も少なくない中で、同グループでは、入社から1ヶ月間は座学を中心に、会社や社会についてじっくり時間をかけて学んでもらうという体制をつくり上げている。同期の絆も生まれ、社員の定着率もきわめて高いという。

また、霞が関という立地はいわば“日本の中心”であり、ビジネスにおいても取引先企業の信頼獲得につながる。交通アクセスにも優れた新本社には、多くの取引先企業が訪れるため、「わざわざ足を運んでくださるお客様を、気持ちよくお迎えする」ことを考慮したオフィスデザインが採用されている。

エントランス脇には簡単な打ち合わせも可能な待合席

エントランス脇には簡単な打ち合わせも可能な待合席

微かなアロマの芳香が来客の気分をリラックスさせる

微かなアロマの芳香が来客の気分をリラックスさせる

 

 

CSRに積極的に取り組み常に心遣いを忘れない

エントランスに一歩足を踏み入れると、まず目に入るのが3体の「招き猫」である。正面カウンターの上には透明なガラス製のもの、さらに左右の足元には陶器製のものが置かれている。縁起物とはいえ、珍しい。これは、同グループの代表取締役である新井健太郎氏が無類の猫好きであることも影響している。

カウンター上には、募金箱も置かれている。募金箱はこのほか、社内の喫煙ルームに設置されており、社内に設置された自動販売機はジュースを買うだけで寄付ができる。集められた募金は「国境なき教師団」を運営する公益社団法人CIESFを通じて、カンボジアなど発展途上国の教師育成支援に貢献している。

「当グループはCSR活動にも積極的に取り組んでいます。当社のグループ理念は『すべての出会いを大切にし、幸せを社会へ分配すること』です。社員は家族と同様に考えており、日々の感謝は社内を飛び出して『社会貢献』へとつながっております。エントランスに募金箱を設置しているのは、代表・新井の発案で、社員だけでなく、当社と出会った皆様にも社会貢献意識を高めていただこうという思いがあるからです」(木賀田氏)

エントランスにはアロマの香りが漂い、熱帯魚の泳ぐアクアリウムが置かれているなど、訪れた者の気分をリラックスさせる工夫が施されている。また、来客に対しては飲み物と一緒におしぼりを出すのも心憎い配慮だ。暑い季節には冷たいおしぼり、寒い季節には温かいおしぼりが用意され、さらに個々の来客の様子を見て汗をかいていれば冬でも冷たい飲み物を差し出すなど、マニュアル的な対応ではなく、常に細やかな心遣いを忘れない。こうした企業風土は、多くの女性が活躍しているという同グループならではの特徴といえる。

「新卒社員とともに、女性の社会進出も応援しています。待機児童が社会問題になっていますが、社会貢献活動の一環として、本年9月、名古屋市昭和区内に第1弾となる保育所を開園致します。これからも女性社員にとって働きやすい環境をつくっていきたいと思っております」(木賀田氏)産休・育休制度も充実し、ライフスタイルに合った働き方ができるという。さらに女性社員の制服支給や専用ロッカールームの設置、キレイな女子トイレなど、至れり尽くせりの環境が整えられている。

 

応接室には木目調の重厚なテーブルと革張りのチェア

応接室には木目調の重厚なテーブルと革張りのチェア

女性社員に配慮したロッカールームも設置されている

女性社員に配慮したロッカールームも設置されている

エントランスから続く廊下は落ち着いた雰囲気が漂う

エントランスから続く廊下は落ち着いた雰囲気が漂う

カンボジア教育支援のための寄付ができる自動販売機

カンボジア教育支援のための寄付ができる自動販売機

PICK UP!

エントランス
カウンター上に透明ガラス製、左右足元に陶器製の3体の招き猫が印象的なエントランス
待合席
エントランス脇には簡単な打ち合わせも可能な待合席
待合席
微かなアロマの芳香が来客の気分をリラックスさせる
応接室
応接室には木目調の重厚なテーブルと革張りのチェア
""